読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

EQuipe Blaireau

エキップ・ブレロー

キャッシング契約する前に知っておきたいローン利息と遅延損害金の計算方法

スポンサードリンク

ローン利息の計算方法

キャッシングローンの利息は、借入直後残高に応じて決定されます。

利息は、ご利用された日数分だけを計算する日割りで計算しており、無駄がないと言えます。以下の計算式をご覧ください。

1日分の利息 = ご利用金額 × 貸付利率 ÷ 365日

実質年率29.20%で30日間ご利用になった場合

借入直後残高が30万円だと
30万円 × 0.292 ÷ 365日 × 30日 = 利息7200円

借入直後残高が50万円だと
50万円 × 0.292 ÷ 365日 × 30日 = 利息12000円

上記の計算式から分かるように、借入直後残高とご利用日数によって利息が見直されます。返済残高が減っていけば、それに応じて利息も減り、次回返済額に反映されます。新たに重ねて借り入れした場合は、借入直後の残高に応じて、返済金額が見直されます。

貸付利率(年利)が29.20%で50万円借入した場合、14万6千円の利息が付く?

そんなことはありません!!

実際には残高が毎月減っていきますので、掛かる利息は少なくなっていきます。

遅延損害金の計算方法

遅延損害金は返済期日までにお支払がない場合に、借入直後残高に対してかかる延滞利息(手数料)が発生します。キャッシングローンの場合は返済期日をオーバーした日からかかります。

遅延損害金 = 借入直後残高 × 遅延損害金利率 ÷ 365日 × 遅れた日数

  • キャッシングローンで借入直後残高:30万円
  • 遅延損害金利率:29.2%
  • 遅れた日数:3日の場合

30万円 × 0.292 ÷ 365日 × 3日 = 720円

1日の遅延損害金は240円ということになります。無駄な出費は抑えたいもの。各キャッシングローン会社によって、月々の貸付利率や遅延損害金は様々です。

計画的に返済できるキャッシングローン会社を探しましょう。

カード審査に落ちる人、住宅ローンが組める人 ?信用情報のカラクリ、お教えします? (ワニブックスPLUS新書)

カード審査に落ちる人、住宅ローンが組める人 ?信用情報のカラクリ、お教えします? (ワニブックスPLUS新書)

クレジットカードの知識 (日経文庫)

クレジットカードの知識 (日経文庫)