EQuipe Blaireau

エキップ・ブレロー

フィットネスジムに通うとき何を用意するのか?トレーニングに必要なもの4選

スポンサードリンク

f:id:blaireau:20150201150415j:plain

家でトレーニングするには集中して実施できないこともあり、効率よく成果をあげられるフィットネスジムの利用がおすすめです。

かくいう著者も、フィットネスジムに入会したのは1ヶ月前のことですが、インストラクターと話しあって決めたメニューに取り組んでいます。

フィットネスジムには、一般的にフリーウエイトや各種マシン、フィットネスルーム、プールなどの設備が整っています。ただし、規模によってはフリーウエイトとマシンジムだけという場合もあります。

最近では、都市部の中心に居抜きで出店するタイプのフィットネスジムが増えてきています。レンタルビデオ店や飲食店の跡地に出店しており、ユーザーの通いやすい立地が売りだといいます。設備はダンベルなどのフリーウエイトとマシンジムに特化しているのが特徴です。

フィットネスジムなどの運動施設を利用するメリットは、天候や時間帯などに左右されず安全な環境が第一に挙げられます。

また、筋力トレーニングをはじめその他トレーニングには正しいとされるフォームがあって、独学のトレーニングは非効率な場合があるのです。その点、フィットネスジムには専門のスポーツインストラクターによるトレーニングの指導が受けられることで効率よいトレーニングを実施することができるのです。

さらに、ヨガやエアロビクスを始めとしたさまざまなスタジオレッスンといった豊富な選択肢があり、飽きません。

入会コースも各種用意されており、ユーザーの都合に合わせて利用できます。出勤前や会社帰りにサクッと運動される方もいるようです。

それでは、著者がジムに通うにあたって用意したものをお目にかけます。

ジム通いに必要なもの

スポーツウェア

フィットネスジム内は空調管理されており、快適に過ごせます。ところが、運動すれば汗をかくため、速乾性、通気性に優れたものがよいでしょう。

また、スポーツウェアには、動きやすさを求めたいところです。伸縮性のある素材で筋肉の動きをサポートし、動作の邪魔をせずストレスを感じさせないものがよいでしょう。評判なもので『アンダーアーマー , インナーマッスル , テックフィット』などがあります。

さらに、これらアンダーシャツには姿勢を矯正する機能を搭載しているものもあり、体幹の補助をしてくれます。トレーニングのパフォーマンスも向上するため、着用しているユーザーはよく目にします。

一般的には、通気性のよい半袖シャツでよいです。ただし、汗をかくとぺたぺたはりつくような素材のものだけは避けましょう。

シューズ

シューズは、トレーニングのパフォーマンスに直結していると云えます。より自分に合ったモノなら効率よくベストな結果を出せることでしょう。とくに、トレーニングメニューに、ランニングやウォーキングを取り入れているなら、目的に合ったシューズ選びが必須となります。

シューズのサイズの選び方は、腰掛けて、カカトで地面をコツコツと叩き、カカトとシューズをフィットさせた状態で、つま先に1cmほど余裕があるのがポイントです。

足は、拇指球から小指側までの足囲の幅が広い、足の甲が高いというのが日本人の足の特徴なんだそうです。ところが、足のカタチは千差万別であり、シューズ選びは難しいものです。わからないことは靴屋さんのシューフィッターに相談されるとよいでしょう。

タオル

タオルは最低2枚あると便利です。トレーニング時とシャワー浴びた際に使います。タオルのサイズは、トレーニング用ならフェイスタオルで十分で、首にかけて運動したり、ベンチトレーニング時に敷いたりと必需品です。できれば、吸収性があり汗をしっかり拭き取れるモノがよいでしょう。

ドリンクボトル

フィットネスジムには、一般的に自販機やウォーターサーバーが常備されており、無料でウォーターサーバーから水分を摂取ができます。しかし、紙コップの持ち運びは禁止されていると思います。そこで便利なのがドリンクボトル。トレーニング時はこまめに水分補給が求められるため、つねにそばに置いておき、効率よく補給できるので重宝します。

ドリンクボトルは、使い捨てではないので、洗浄が必要です。洗うのにボトルの口が狭いものやややこしい機構が付いたものは避けるのが無難です。湿気の多い時期などはカビなどが繁殖しやすく不衛生なため、しっかり隅々まで洗える広口のものがよいでしょう。

ドリンクボトルの代替物として、空のペットボトルも利用できます。

さいごに

最近は、ダイエットを必要としない人が無理に実施したり、誤った知識でダイエットをする人が少なくありません。強引な方法で痩せようとすると逆に健康障害を引き起こす危険さえあります。極端な食事制限などをして昏睡状態に陥る事例もあります。

痩せるには適切な知識が必要なのです。フィットネスジムには、目的にあった最適なトレーニングプログラムが整っています。きっと理想の結果を出せることでしょう。